お問い合わせフリーダイヤル0120-824-910 資料請求
歯科用レントゲン|デジタルパノラマレントゲン|歯科用CT装置

CONTACT

よくあるご質問

Qレントゲン関係は今まで使っていたメーカーのほうが安心なのだけど・・・。
A
最先端のデジタル技術を、一度、目で見て体験してご判断ください。

世の中には、様々な性能の良い医療機器が沢山出ています。時代の流れにより、医療の現場は進化し、より高性能でありながらもコストパフォーマンスに優れた機器も沢山あります。是非、当社のPanoACT ART Plusシリーズ、3D S-Cubicも一度見て、体感し、その性能を実感して頂きご判断ください。デモをしたからといって、必ず購入しなければならない訳ではありません。有益な情報収集という感覚でお問い合わせください。

Q高い機器のほうが信頼感もあるし、性能が良さそうだ・・・。
A
PanoACT、3D S-Cubicは性能もコストパフォーマンスも優れています。

アナログレントゲンを長い間お使いになっているのと同じように、デジタルレントゲンも長い間使用することになるでしょう。高額な機器なので、気に入らなかったらすぐ買い換える、ということは難しくなります。PanoACT ART Plusシリーズは、米国テキサス大学ラングレス教授に高画質とオートフォーカス機能を評価された機器です。また、3D S-Cubicは高解像度とコストパフォーマンスに優れた装置です。まずは、その性能を目で見て確かめてください。

Q画質はどれだけ違うか分からないと検討できないのですが・・・。
A
ピンボケが無く、鮮明な画像が得られます。

たった一回の撮影で、2.5次元相当の断層変化が可能で、ピンボケ画像が無い画像が得られるのがPanoACT ART Plusシリーズの特徴です。通常のレントゲンでは、ある1点に焦点があたるため、それ以外の所はピンボケしてしまいます。そのため、見たい部分の画像がきちんと見れない・・というフラストレーションが起こるのです。PanoACT ART Plusシリーズは、鮮明な画像データとして出力されますので、そのフラストレーションがありません。診療自体の効率化が図れるのが特徴です。

Qそうはいっても、導入費用が高いのでは・・・。
A
費用についてはお気軽にご相談ください。

確かに、大きな機器を導入するには費用がかかるため、新しいものに踏み切るのは難しいかと思います。しかし、私達は、歯科医療分野で、歯科医師の皆様と一緒に、より高度で新しい医療が構築できるように考え、医療機器の開発に取り組んでいます。費用の面など、様々な面でご相談させて頂きたいと思いますのでご安心ください。

tel0120824910

Q日本製ですか?
A
日本製です。

原料は、ヨーロッパ(イタリアやフィンランド)から輸入しておりますが、全てのデジタルレントゲン装置の製造は、厚生労働省の認可を受け、池袋で製造しております。

Qパノラマとデンタルの保険請求が出来るって本当ですか?
A
保険請求が可能になりました。もちろん厚生労働省から認証を得ております。

PanoACT-ART Plusシリーズについては、エックス線検出器とソフトウェアの情報処理能力に大きな特長があり、弊社のものは、1回の撮影で2.5次元相当の画像データが保存されます。その中から、パノラマ、デンタルに適した鮮明な画像を取り出して、映し出すことが出来ますので、方の診断および保険請求が可能です。ただし、1回の撮影において“パノラマ断層撮影”及び“デンタルX線撮影”を併せて算定することはできません。

Qデンタルを撮影する場合も、同じ方法で撮らなくてはいけないの?
A
そうです。

PanoACT ART Plusシリーズの1回の撮影被曝量と一般のデンタル1回の被曝量は、ほぼ同じ程度ですので患者様も安心です。口内撮影法のようにフィルムやIPセンサーを口の中にいれて撮らなくても良いので、患者様が不快感(苦痛、嘔吐反射)を抱いたりすることなく、衛生面でも問題がないというメリットもあります。

Qレセプトコンピューター(レセコン)、他の装置との連携は?
A
現在いくつかのレセコンとは連携実績があります。

各社レセコンとの連携は、技術的に大きな問題は無いと考えております。PanoACT ART Plusシリーズ、3D S-Cubicは、医療分野で広く採用されているDICOMフォーマットを採用しており、他の装置との連携や院内のネットワーク化が可能です。

CONTACT[お問い合わせ・資料請求・訪問・デモンストレーション申込]

受付中実機によるデモンストレーション

弊社テクニカルセンターで、ご自由にデジタルパノラマレントゲンに触れていただけます。
お気軽にご来場ください。
テクニカルセンター